RSS | ATOM | SEARCH
不動産一括査定サイトを参加・参画を不動産会社目線で考える。

不動産一括査定サイトへの参加を目論んで、

どこのサイトにしようか考えまくってます。

 

参加する側として気になる反響率や・競合数や、

媒介率や成約率など見えない数字を追っかけています。

 

 

リスティング広告はやっぱりアテにしてません。

時間帯やエリアやキーワードで事細かに設定しているであろうし、

特定のワードになれば単価競争になっているだろうから。

 

ただ査定サイトの会社によって「自宅」「家」「マンション」で狙っているのか

ある程度見えてきました。

 

自然検索で行けばやはりポータル系は強いです。

 

冷静に業者としてでなく自分ならどうするかを考えたときに

「大手も地場もまんべんなくほしい」「信頼できる所が良い」

「ガッついた業者のいるところは避けたい」

こうやってみると

第一選択肢は大手6社の「すまいValue」でしょう。

あの会社とあの会社はここでしか掲載していません。

問題は次の一手ですがまだ決まっていません。

 

 

調べる中で一括査定サイトの闇を見つけてしまいました。

「不動産 査定 覆面調査」でググると結構大手の運営会社の募集があったこと。

1000名でアンケート4問で3000円の謝礼だそうで、

実際の売却意思も無関係なところを見るとご想像にお任せします。

最大6社の一括査定で参加不動産会社から反響ごとに約12000円を徴収しているとすれば、

モニター1件あたり12000円×6社-3000円で69000円の利益。

これが1000名だから69000円×1000円=6900万!?

 

なんか一括査定サイトランキングとかも

ステマっぽいのも多いし、持ち上げたりコケ落としたり、

参加する価値あるの?とすら思えてきました。

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

author:天満不動産, category:日常の書き記し, 09:19
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://blog.tenshimo.com/trackback/1010245