RSS | ATOM | SEARCH
ビルの梅雨対策。その1。

竣工時の計画雨量では

オーバーフローすることがあるため

恒例の梅雨対策をしました。

 

_鮎紊稜喊紊鯆樟槓流の排水管へ誘導する。

木の棒を斜めに数本敷いて、なるべく向こう側の排水管へ誘導しています。

そうしないと・・・

手前2本で降りてくるためとてもこの小さな側溝では受け止めきれません。

 

¬椹の詰まりを防止する。

奥が本来の目皿ですがゴミなどで詰まれば一発アウト。

そこで手前にもう一枚かまして目詰まり対策。

ここまでやってもゲリラ豪雨時には、

手前2本で降りてきた排水が追いつきません。

【大雨時に大阪市が細い下水管から見捨てるのも一因】

 

 

つづきの対策は次回で〜。

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

author:天満不動産, category:日常の書き記し, 10:09
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://blog.tenshimo.com/trackback/1010274